Topics

prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  Next

2009/03/25 ISMS認証取得のお知らせ

株式会社ベクターデザインは、全部署を対象に、「ISMS」(情報セキュリティマネジメントシステム)の国際標準規格「ISO/IEC 27001:2005」、国内規格「JIS Q27001:2006」の両認証を取得致しました。

当社はデータセンター事業やデザイン開発、システム構築など、お客様の情報をお取り扱いするサービスを行っており、そのサービスの信頼性を維持することの重要性が、極めて重大なものであると認識しております。
お客様の情報の機密を高い水準で保持し、かつ、お客様が利用される情報システム環境を極めて安定的に維持することが、当社の最大の責務です。
また、当社の事業はお客様からの信頼に応えることにより成り立っており、それを当社全員が理解しなければなりません。
これら当社に課せられた責任を果たすために、情報セキュリティマネジメントシステムを構築致しました。

今後も継続して情報セキュリティマネジメントシステムを維持・向上し、サービスの信頼性をより一層高め、お客様に安心してご利用いただけるよう取り組んでまいります。

【概要】
事業者名:株式会社ベクターデザイン[Vector Design Inc.]
規格:ISO/IEC 27001:2005 / JIS Q 27001:2006
認証登録番号:IS545181
認証登録範囲:
情報通信(ICT)システムの戦略立案、企画、設計・構築、保守・運用の総合的なサービス事業
マネージドサービスによるデータセンター事業
ウェブサイト及びデジタルコンテンツの戦略立案、企画、デザイン開発、運用の総合的なサービス事業
認証事業所:本社(〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-21-5ミサワビル3F)
認証登録日:2009年3月25日
審査機関:BSIマネジメントシステム ジャパン株式会社
認定機関:
ANAB(The American National Standards Institute(ANSI)- American Society for Quality (ASQ) National Accreditation Board
JIPDEC(財団法人日本情報処理開発協会)


ISMS認証登録証 1/3

ISMS認証登録証 2/3

ISMS認証登録証 3/3

Pagetop




2009/02/02 About us ご挨拶を更新しました

弊社は設立から10年を迎え、心機一転「ご挨拶」をリニューアルいたしました。
これからも社員一同、サービスの向上に励んでいく所存でございますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

株式会社ベクターデザインの「ご挨拶」はこちら
http://www.vector-design.co.jp/aboutus/index.html

Pagetop




2009/01/05 イベントのポスター制作、及びインターネット中継

昨年11月、在日ブラジル人との共生をテーマにしたシンポジウム「在日ブラジル人これからの100年」の広報用ポスターとチラシ制作、及びシンポジウムのインターネット中継を行いました。


今回のシンポジウムのキーワードは『共生』
シンポジウム開催地の東京だけにとどまらず、在日ブラジル人居住の各都市と連携することにより、
参加された皆さまに、これからの100年、日本人と在日ブラジル人がどのように共生していくのかを、広く認知していただくことが、私たちベクターデザインの最大のミッションでした。


・シンポジウム広報用のポスター、チラシ制作
デザインコンセプトである、「定住者のこれからの明るい100年を感じさせる」「ブラジルカラーに合わせる」「日本語とポルトガル語の2ヶ国語を使用する」
の3点に重点を置き、目にした人々が日本とブラジルの明るい未来を想像できるようなポスター、およびチラシの制作を行いました。
(チラシのサイズはA4両面、ポスターサイズはA2で制作いたしました。)

・臨場感のあるインターネット中継を低コストで。
お客様からのご要望は「シンポジウムを開催している東京会場の模様を、国内3会場(浜松、豊橋、大泉)に同時中継したい。」というものでした。
インターネット中継を実現するにあたり、ポイントになったのは「簡単な環境設定」「2ヶ国語放送」「低コスト」の3点でした。
そこで私たちベクターデザインがご提案したのは「Skype」を使用したインターネット中継。
「Skype」と言えば、今や無料IP電話の代名詞。今回はその利便性に着目しました。
環境構築も容易で、インターネットさえつながればどこでも利用が可能なため、専門の技術者に頼ることなく、安定した臨場感のあるインターネット中継を実現することができました。
また、2ヶ国語での放送も東京会場から自由に変更できるので、各会場のニーズに沿った言語での放送を可能にしました。

・映像効果でシンポジウムを演出
講演者のプロフィール紹介時の映像や「共生」をイメージしたフィラー映像などの制作だけでなく、
当日はそれらの映像とテロップ操作をシンポジウムの進行に合わせて行うことで、映像による効果を最大限に引き出した演出を実施しました。

・当日のシンポジウムを写真と映像で記録
写真撮影とムービー撮影を行い、当時の模様を記録に収めました。
撮影したデータは、次のシンポジウムのための資料として活用していくことができます。


移民政策研究所(JIPI)
http://jipi.gr.jp/index.html
駐日ブラジル大使館
http://www.brasemb.or.jp/
国際移住機関(IOM)
http://www.iomjapan.org/
ジャパンタイムズ
http://club.japantimes.co.jp/
移民情報機構
http://www.imin.co.jp/
ベクターデザイン


シンポジウム広報用ポスター

Skypeで臨場感のあるインターネット中継を実現

進行に合わせたテロップ操作で、シンポジウムを演出

Skypeを使用したインターネット中継のイメージ図

Pagetop




2008/12/25 年末年始休業のお知らせ

弊社では下記の通り、年末年始を臨時休業といたします。
なにとぞご協力下さいますよう、よろしくお願い申しあげます。

年末:平成20年12月27日より休業
年始:平成21年1月5日より通常業務
緊急連絡先:緊急のご連絡はE-mail:support@c3i.ne.jp またはFAX:03-5367-5404にて承ります。

Pagetop




2008/12/01 C3i横浜データセンターをオープン

より安全で高度なICT環境を求める多くのお客さまのご要望にお応えするため、ベクターデザインでは、高度なインフラ設備を持つ「横浜データセンター」を2008年12月にオープン致しました。


高度化するビジネスに応えるため、企業のICT環境には、より高い処理能力や柔軟性が求められるようになりました。
それに伴い、サーバやストレージ、ネットワーク機器の台数は増加し続けています。
ブレードサーバやUTMなどハイスペック化した機器は、日々のメンテナンスや膨大な消費電力など、多くの運用リソースを必要としています。
また、災害やシステム障害時にも素早い復旧で事業継続を可能にする、ディザスタリカバリ (災害復旧) 対策を求められるケースも増えており、企業のICT担当者を悩ませています。

このような状況は大企業に限らず、産業の中核をなす中堅企業においても発生しており、サーバルームを自社に置かずに、外部のデータセンターに委託する企業が増えてきています。


「横浜データセンター」は、10年間にわたるベクターデザインのデータセンター構築・運用ノウハウを活かし、お客さまのシステムを安全に守るとともに、最新のICT環境の能力を最大限に引き出すため、以下のような特長を備えています。

・安定した地盤
横浜、首都圏エリアからの利便性も高い魅力的な立地でありながら、防災拠点としても安全性の高い港北エリアに専用設備として建設しました。 さらに各ラックの基盤には免震プレートを採用し、地震の揺れをより軽減。

・豊富な電力・空調設備能力
既存のデータセンターの2倍以上となる電力容量と空調設備を確保しており、消費電力や排熱温度の高いハイエンドサーバなども安心してご利用いただけます。
また、万一の停電時にはUPS (無停電電源装置) や自家発電装置により、ノンストップな環境を提供します。

・万全のセキュリティ
非接触型ICカードや生体認証を採用した本人確認だけでなく、監視カメラや警備員による目視確認など、機械と人間による警備により、厳重なセキュリティ対策を施しています。

・ワンストップサービス
サーバの設置スペースと基本運用サービスを提供する「C3iデータセンターサービス」をベースに、お客さまの事業拠点とデータセンターを高信頼ネットワークで結ぶ「C3iネットワークサービス」。
高度なスキルを持った専門スタッフによる監視サービスや、障害措置支援サービスなどをワンストップで提供する「ベクターマネージドサービス」。
さらに、お客さまのシステム構築や、セキュリティ対策だけでなく、デザイン開発、プランニングまでを支援する「ソリューションサービス」など、お客さまのニーズに合わせてさまざまなサービスを提供していきます。

・ISMS認証取得予定
サービスの安全性や信頼性を証明する、情報セキュリティマネジメントシステム (ISMS) の標準規格「JIS Q 27001:2006」の認証取得を予定しています。



このデータセンターは、3社のトライアルコラボレーションにより構築されました。

株式会社ITE(設備設計・施工)
http://www.ite.ne.jp/

リタール株式会社(ITトータルソリューションシステム「RimatriX5」提供)
http://www.rittal.co.jp/

株式会社ベクターデザイン(ネットワーク構築・運用、サーバシステム構築・運用)


最新の冷却システムを採用

サーバルームは電波シールドを実施

各ラックは免震プレートを採用

大型UPSと自家発電機を完備

Pagetop




2008/11/01 チーム青森ポスター・カレンダー制作

カーリングチーム「チーム青森」のオリジナルポスターと2009年カレンダーを制作しました。

ポスター、カレンダー共にスピード感のあるデザインになっています。
印刷は欧文印刷株式会社のウルシ印刷を使用しています。
ウルシのようなザラついた面と光沢面のコントラストで、見る角度により模様が浮き上がる仕上がりに。

チーム青森公式サイトからご購入いただけます。

チーム青森(公式サイト)
http://www.ishida-sports.co.jp/aca/team-aomori/index.htm

欧文印刷株式会社
http://www.obun.co.jp/


オリジナルポスター A2版

オリジナルカレンダー A2版

Pagetop




2008/07/04 「もとはしチャンネル」配信開始

カーリング チーム青森で活躍する本橋麻里選手のオフィシャルウェブサイトにて
本橋選手のセルフ撮影映像などを配信する新規コーナーを設置しました。

「もとはしチャンネル」
http://www.motohashi-mari.com/channel.html

ウェブサイトの打ち合わせ、映像撮影のために、
本橋選手(写真中央)が来社いたしました。

その時の模様は本橋選手のブログに掲載されております。

カーリング 本橋麻里 公式ブログ MariLog
http://blog.goo.ne.jp/marimotohashi/e/2d188a23cef409ce20fae7b8ffdb2c68



弊社見学中の本橋選手

本橋選手を囲んで

Pagetop




2008/06/10 ISMS認証取得に向けて取り組みを開始

弊社では、情報セキュリティ分野に属する会社として、情報資産の保全と社内内部統制をより堅固なものにするため、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)適合性評価制度の認証取得に向けて取り組みを開始いたしました。

今後は、情報セキュリティに関する取り組みを一層強化・拡大し、セキュリティに関する適切な啓発活動の実施及び定着化を図り、役員・従業員等による主体的なセキュリティ確保への取り組みを実践して参ります。

株式会社ベクターデザインの「情報セキュリティ基本方針」についてはこちら
http://www.vector-design.co.jp/security/index.html

参考リンク
情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)について(アットマーク・アイティ)
http://www.atmarkit.co.jp/fsecurity/rensai/guide01/guide01.html

Pagetop




2008/04/01 Adobe Flash ActionScript 物理学エンジンによるミニゲーム

アドビシステムズ社のFlashに使用されるプログラミング言語「ActionScript」上で動作する、物理学エンジンを活用したミニゲームをリリースいたしました。


このゲームは、国立の博物館での展示用に、大手電機メーカー様からのご依頼で開発されました。


ルールは単純で、ボールをスタート地点から転がし、ゴール地点でぴったりと停止させればクリアです。
ただし、各ステージごとに地形が異なるため、プレイヤーは様々なオブジェクトをコース上に配置してゴールを目指す必要があります。
時間やチャレンジ 回数に制限があるため、全ステージクリアにはちょっとしたコツが必要・・
ベクターデザインが開発したActionScript物理学エンジンが、剛体力学を基本とした物理条件の下に、オブジェクト同士の衝突や挙動、ボールの動きを再現しています。


今回、ベクターデザインは物理学エンジンの開発・実装、ゲームの企画、画面デザイン、音楽制作など、一括で制作させていただいております。


Adobe Flashは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の米国ならびにその他の国における商標または登録商標です。


オブジェクトをコース上に配置してゴールを目指す

ゴール地点でぴったりと停止させればクリア

クリア画面ではアニメーションを再生

Pagetop




2008/03/13 本店移転のお知らせ

弊社では、業務の一層の効率化を図るため、2008年3月13日をもちまして、登記上の本店所在地を東京都渋谷区に移転させていただきましたのでお知らせいたします。


【変更の内容】

本店の所在地

(新):〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-21-5 ミサワビル3F
    TEL 03-5367-5401 FAX 03-5367-5404

Pagetop



prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  Next